BB戦士「ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン」素組み

ガンダムUCのBB戦士を一通り作ろう!
ということで、記念すべき1体目はバンシィ・ノルンです。

dsc09398

そもそもガンダムUCとは

機動戦士ガンダムUC』(きどうせんしガンダムユニコーン)(英題: MOBILE SUIT GUNDAM UNICORN)は、福井晴敏による日本小説角川書店ガンダムエース』誌上にて2007年2月号から2009年8月号まで連載された。また、この小説を原作とするアニメ作品と漫画作品が制作されている。

Wikipedia – 機動戦士ガンダムUC

Wikipediaに凄く細かくまとまっていますが、ものすごくざっくり説明すると「アムロが出て来る初代ガンダムからつながるシリーズの割と最近の作品」で、時系列的には

  • 機動戦士ガンダム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ZZガンダム
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムUC ←

となります。

アムロとシャアのいざこざの流れから、次の世代へと繋ぎまとめていく物語で、個人的には大好きな作品です。
つい先日までニチアサ枠でTV放映もされていました、胸熱でした。

アムロのいる世界のお話としては上のリストの作品間に起きた事件を描いた裏側を描いた話や、年表的にUC後の世界を描いた作品も数多く作られています。

また、アムロのいない世界のガンダムのお話として、GガンダムやガンダムW、00ガンダム、最近だと鉄血のオルフェンズなんかがあります。

ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン

物語中盤から登場する、主人公機ユニコーンガンダムと対をなす獅子をモチーフとした黒いユニコーンガンダム。
ユニコーンガンダムもそうなのですが、「ユニコーンモード」と「デストロイモード」の2形態があり、敵がニュータイプの場合ボディのいろんな箇所がパカパカ開いてユニコーンモードからデストロイモードに変形する。胸熱ですね。

実はこのBB戦士のバンシィ、パーツの組み換えによって2形態変形できるのですよ。
1/144サイズでリアルさを追求したHGUCシリーズではこの変形ギミックはついておらず、別売りだったのに!

素組みをしてみた

と言うわけで、とりあえず素組みをしてみました。
「素組み」にも色々と定義があるみたいですが、このブログでは「箱に入っている部品だけを使って組んだ状態」とします。
ニッパーで切って組んで、シールを貼っただけですね。

このバンシィ・ノルンは1時間程度で素組みを終えました。

ユニコーンモード

通常形態となるユニコーンモードです。
ガンダムらしからぬ目のデザインと、一角獣っぽい角が特徴的です。
BB戦士のくせにかっこいいじゃないか。

dsc09418

dsc09417

デストロイモード

そして、テンションが上がると変形するデストロイモードです。
色々なところが開き、目の形がガンダムっぽくなっています。
黄色のクリアパーツがかっこいい。

変形させる時に角をパカっと開くのですが、角の根本が弱く気をつけないと折れてしまいそうです。
背中の金色のたてがみのようなものはアームド・アーマーXCという装置で、シールを使って金色にしています。
目とトサカの赤もシールなのですが、それに比べると金はちょっとオモチャ感が出てしまいますね。金のシールの中の黒い線が良くないのかな。

dsc09429

dsc09430

武器を持たせてみた

dsc09420dsc09426

付属の武器を持たせて、ポーズを取ってみました。
BB戦士は足の自由度が少なく、取れるポーズに限りがあるのですが思った以上に良い格好をしてくれました。
ただ、各関節がボールジョイントで、可動範囲を超えるとすぐにポロリとパーツが取れてしまいました。繰り返し動かしていると強度も落ちそうなので、少し慎重に遊ぼうかと思います。

この時点で十分満足感を感じてしまいました。

次は何する?

最小限の手間でディティールアップしてみようと思います。
具体的には、気になる箇所のヤスリがけと付属のシールを貼り付けようと思います。

また、黄色パーツとアームド・アーマーをガンプラマーカーで金色に塗ってみようかと思います。
白系の機体ならスミ入れも欠かせないのですが、ボディが黒なのでスミ入れしても映え無さそうだが、どうしようか。

BB戦士 No391 ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン
バンダイ (2014-05-14)
売り上げランキング: 2,109