HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダムバルバトスルプスレクス 組み立てとレビュー

名前が長い。

久しぶりのブログ、買うつもり無かったのだけどお店に並んでいるところにうっかり出くわしてしまい、気がついたら家に置いてあったのでコツコツ組んでいた。

HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダムバルバトスルプスレクス 1/144スケール 色分け済みプラモデル

パッケージ。
禍々しい。

でかいメイス。

腕のバランスもおかしい、野獣感あふれる。

足。

パチ組

腕のデカさが気になって、買わないだろうなーと思っていた。
買ってしまったけど。
組んでみるとかっこよく感じてくるから不思議。
可動は過去のバルバトスと同様、すごい。
これで1000円ちょっとだから良いものだ。

うちはエアブラシ使えない環境なので、基本はパチ組+スミ入れ。
今回はテンションが上がったので顔パーツと爪を尖らせ、黄色パーツをガンダムマーカーの金で塗ってみた。

尖らせと部分塗装、スミ入れ後。
膝とニードルのメタリックグリーンもガンプラマーカー。
適当に塗った後にはみ出た部分をやすっただけ、ステッカーよりかっこよい。
今回ステッカーは目だけ。

さらにタミヤのウェザリングマスターで軽く汚す。
黒立ち上げじゃないけど、エッジをほんのり黒く汚したのと、メイスや関節にシルバー汚しを施した。
関節系の濃いグレーパーツにシルバー汚しをすると急に重厚感が出てくるので、個人的に好きな処理。

最後につや消しスプレーを軽く吹いて終了。
初代バルバトス作った時に始めてつや消し吹いたら、吹き過ぎでスミ入れやら部分塗装やら滲んでしまったので、今回は薄いんじゃないかってくらい遠くから軽くくぐらせただけ。
これくらいで良いみたい。

付属説明書を参考にポージング。
跳躍。
ニードル接続のリード線の固定が難しい。

稼動が良いので色んなポーズが取れて楽しい。
爪平手もかっこよい。
大きな写真で見るとわかるけど、爪の塗は結構汚い。
けど写真にするとあまり気にならない。
荒隠しシステム。

最後に

正直それほど作るテンションは高くなかったのだけど、パチ組終わったあたりからテンションが上がった。
やはりバルバトスはポーズ取らせてなんぼだと思う。
細かい部品は少ないし、値段も安いしかっこいいし、本当にコスパの良いガンプラだ。
個人的にはこの機体を作って塗りに興味が出てきた。
うちは自宅の環境もあってエアブラシやラッカー系塗料は使えない。
今回はガンプラマーカーを塗装皿に出して面相筆で塗ったけど、次は水性塗料あたりに手を出そうかと思う。